上信電鉄沿線 積極的な沿線開発と、地域に密着した信頼される事業展開を図り堅実な歩みを明日へつなぐ
積極的な沿線開発と、地域に密着した信頼される事業展開を図り堅実な歩みを明日へつなぐ

                                   下仁田周辺登山情報はこちらから
山名駅「石碑の路」
 駅から国の特別史跡に指定されている山ノ上の碑、金井沢の碑までの5q程の自然歩道は「石碑の路」といわれ、万葉集のなかの上野国を詠んだ和歌を刻んだ碑が29建っています。古代万葉の世界に浸ることができるとともに緑に恵まれた自然と史跡に触れ合うことができます。(全長約6q)
 
吉井駅「多胡碑」「牛伏山」
 駅から北東に約25分歩くと日本三古碑の一つに数えられている由緒正しい「多胡碑」を見ることができます。その北隣に多胡碑記念館がありより詳しい説明が聞けます。(片道約2q)
 吉井駅から南側方向を見ると牛が寝そべったような牛伏山が見えます。この山には展望台があり高崎市吉井町の四季折々の景色が楽しめます。(片道約5q)
 
B 上州福島駅「城下町小幡」
 駅を下車し約2qほど歩くと古い家並みと桜並木に沿って、日本名水百選の雄川堰がゆったりと流れる城下町小幡に着きます。そこだけが時間が止まったかのような江戸時代の面影を残す武家屋敷、大名庭園、織田宗家七代の墓また歴史民俗資料館などが見学できます。伝統と自然のふるさと城下町小幡をゆっくりお楽しみ下さい。(全長約2q)
 
C 上州富岡駅「富岡製糸場・七日市藩・もみじ平公園・貫前神社」
 駅を下車し、市内を南側へ約10分歩くと、赤レンガ造りの「富岡製糸場」があります。更に旧国道254を西に約20分歩くと、「七日市藩陣屋跡」があります。七日市藩は加賀前田藩の支藩で、前田利家の五男利孝を藩祖とする石高一万石の藩です。現在、富岡高校の敷地となっており、黒門、正殿の他、土塁、櫓台跡が現存します。更に西に足を延ばすと一ノ宮「貫前神社」があります。この神社は、参道から大鳥居まで上った階段を総門から本殿に向けて下りるという『くだり参道』を配した珍しい造りとなっています。(全長約8q)
 
D 神農原駅「神成山ハイキングコース」
 駅を下車し北に向かうと宮崎公園が見えます。公園から富岡西中学校の裏手に神成山への登山口があります。”宮崎城堀切・神成城跡・宇芸神社跡”などを見ながら、環境庁の絶滅危惧植物2類に指定されている「日本翁草」を観賞することもできます。花の見ごろは4月〜5月でハイカーの目を楽しませています。(全長約5q)
 
下仁田駅「歴史散策」「ほたる山公園・栗山渓谷」
 駅から西へ約10分の所に歴史民族資料館があります。その近くに里見家とういう旧家があり、家の蔵には今でも"下仁田戦争"の傷跡が残り当時を物語っています。(全長約5q)
 また、駅から南へ約20分の山の斜面にアスレチックやバーベキューなどが楽しめる「ほたる山公園」があります。そこには展望台があり、下仁田が一望できます。更に奥には栗山渓谷もあり鏑川の支流になっています。(片道約6q)